商工中金RECRUIT SITE

商工中金

変化へ、踏み出せ。

FUTURE

商工中金の目指す未来

商工中金が実現していきたい、
これからの社会の姿の実現に向け策定した中期経営計画をご紹介します。

NEW MEDIUM-TERM MANAGEMENT PLAN

中期経営計画は「企業の未来を支えていく。日本を変化につよくする。」という企業理念を根幹に、バックキャストで導き出した中小企業の経営課題に対応するべく策定しました。商工中金の特性である「全国展開」「株主構成」「事業性評価」を活かし、お客さまに選ばれる「他に類をみない独特な金融機関」としてあり続けるために、お客さまの事業や経営環境を理解し、お客さまと長期的視点で伴走してまいります。

BASIC POLICY

3つの主要戦略「①サービスのシフト」「②差別化分野の確立」「③企業変革」をすすめることで、変化につよい企業経営をともに実現するための総合的なサービス提供を行ってまいります。

基本方針 変化につよい企業経営をともに実現するための総合的なサービス提供→持続可能なビジネスモデル実現による商工中金自身の企業価値向上
主要戦略 サービスのシフト(総合的な課題解決力の強化)差別化分野の確立(高いリステイク能力の発揮)企業変革(環境変化に強い組織づくり)

KEY STRATEGY 01

主要戦略① サービスのシフト

商工中金はお客さまとともに変化の先の希望を目指して、パートナーとしてお客さまとともに課題解決にチャレンジし、お客さまの未来を支えていきます。これまで培った金融支援・本業支援は従来以上に取組みつつ、お客さまの経営課題やニーズの変化に合わせて、“情報サービス”、“人財サービス”、“高度金融サービス”へのシフトを進めていきます。

お客さまに提供する3つの経営リソース “情報サービス”へのシフト “人財サービス”へのシフト “高度金融サービス”へのシフト 中小企業に不足する経営リソースの提供

CASE 01

ESG診断

商工中金は、お客さまが自社のESGに関する取り組み状況を簡易に診断できるツール「ESG診断」を展開しています。主に中堅・中小企業向けに開発され、環境・社会・ガバナンスに関するアンケートに回答していただき、平均スコアと比較することで、取り組みの強化が必要な内容の特定が容易になるレポートを作成しています。2021年12月に提供を開始し、2022年9月末時点では延べ563社にご利用いただいています。商工中金は、診断結果をもとにお客さまとの対話を深め、ESGの観点からの経営課題やニーズを共有し、解決策の提案を行い、お客さまの持続的な企業価値向上に貢献していくことを目的としています。

総合スコア【例】総合スコア【例】
分類別スコア【例】分類別スコア【例】

CASE 02

幸せデザインサーベイ

従業員の幸福度を数値化し、企業の持続的な成長をサポートする「幸せデザインサーベイ」。このサービスは、10年後の商工中金のビジネスを考える「ビジネスコンテスト」で生まれたアイデアから、新たなサービスとして立ち上がりました。従業員にアンケートを行い、会社と従業員との関係を分かりやすくレポート化し、可視化された課題に対して改善のための様々なレポートを提供することで、従業員の幸福度を向上させることを目的としています。2020年8月にこのサービスをスタートし、2022年9月末時点で、延べ639社に導入されています。
商工中金は、得られたデータや改善のノウハウをもとに、従業員のエンゲージメント向上につながるオリジナルワークショップやオンラインコミュニティなどといったより充実したサービス・ソリューションとして提供することで、中小企業の持続的な成長をサポートしていきます。

幸せデザインサーベイのサービスステップ
STEP 1幸せ指数の測定
従業員の皆さまに、「幸せデザインサーベイ」をWEBで受けていただきます。100の質問があり、所要時間は15分程度です。
STEP 2データの分析
最先端の分析ツールを活用し、サーベイの結果を分析。貴社の現状を明らかにし、幸せ経営を実施するための秘密を探ります。
STEP 3結果のお届け
サーベイに基づいた貴社の幸せ指数や、詳細なデータ、幸せ経営のためのネクストアクションをお届けします。
STEP 4幸せ経営のスタート
幸せデザインサーベイの結果に基づいて、貴社に合った取り組みを始めましょう。どんなことに取り組むか、一緒に考えます。

KEY STRATEGY 02

主要戦略② 差別化分野の確立

商工中金は、お客さまのライフステージごとの経営課題に着目し、特に商工中金として事業性評価能力を向上させることで、3つの分野(カテゴリーS・E・T)を「差別化分野」として位置付けています。お客さまの企業価値向上とともに、商工中金自身の ⻑期的な収益基盤拡大や適切なリスクテイクを通じた持続的成⻑のため、今後、積極的に対応力向上を図っていく分野です。3つの支援分野を確立し、重点的に高度化していくことで、⻑くお客さまから選ばれ続ける金融機関になっていくことを目指します。

Startup

お客さまのライフステージ

創業期

スタートアップ特有の課題を踏まえた
一気通貫のサポート
  • ファイナンスを中心とする適切なリスクテイク
  • メザニンファイナンス、外部アライアンスの活用
  • ビジネスマッチングを通じたセールスサポートの強化

ESG

成長期・成熟期

“SPEED”の視点を活用した
事業性評価やお客さま支援を推進
  • CO2排出量削減コンサルティング等、サービス拡充
  • 従業員エンゲージメント向上、BCP策定支援等
  • 中小企業組合、関係会社等との連携

※商工中金が独自に定めた、組織・職員のサスティナビリティに対する取組みの基本的な視点。
SPEED…Sustainability、Productivity、Empathy、Ecology、Digitalの頭文字

※商工中金が独自に定めた、組織・職員のサスティナビリティに対する取組みの基本的な視点。
SPEED…Sustainability、Productivity、Empathy、Ecology、Digitalの頭文字

Turn Around

事業再生期

専門性向上と対応力の底上げにより、
事業再生のトップブランドを構築
  • 経営危機の未然防止と危機状態からの脱却支援
  • 多様なキャリアを持つ専門チームによる高度な支援
  • 人的資本の充実に向けたサポート強化
事業性評価を起点とした本業支援●ビジネスマッチング●事業継承●海外展開支援●M&A 等お客さま支援の基本となる金融支援●資金繰り対策融資●財務構造改革支援●セーフティネット機能の発揮●成長投資支援 等事業性評価を起点とした本業支援●ビジネスマッチング●事業継承●海外展開支援●M&A 等お客さま支援の基本となる金融支援●資金繰り対策融資●財務構造改革支援●セーフティネット機能の発揮●成長投資支援 等

KEY STRATEGY 03

主要戦略③ 商工中金の企業変革

PURPOSE・MISSIONを基軸として従来型の金融機関の枠を超え、多くの新しいチャレンジを育むための企業変革に取り組んで います。具体的には、コンプライアンス意識の定着化や内部管理態勢の強化、従業員の能力を最大限に発揮できる人事制度の構 築、Well-being、D&I、DXなど、商工中金自身の変革に挑戦しています。また業務改革においては、WEBやスマートフォンアプ リなどの非対面チャネルを活用して安定的な調達基盤を確保し、店舗事務の本部集中化などによる店舗運営コスト低減に取り組 んでいます。さらに、デジタルも活用した自動化・集中化による業務改革・生産性向上などにより、戦略分野への人員創出を 図っています。

Well-being・D&I

変化につよい組織の実現に向けた
多様な人財を育成する

人づくりの強化を、
組織の成長につなげる

●ダイバーシティ&インクルージョン●ワークライフマネジメントの充実●キャリアデザインの強化

お客さま本位の業務運営

地域の特性に応じた営業店の自主計画を起点に
お客さまの安心と豊かさを生みだす
パートナーとなる

顧客ニーズや環境変化への
現場対応力を強化

デジタルトランスフォーメーション

圧倒的なお客さま・従業員満足を実現し、
企業の未来を支えていく

起点として取り組む
3つのプロジェクト