商工中金RECRUIT SITE

商工中金

【企業研究】早わかり商工中金【企業研究】早わかり商工中金

変化へ、踏み出せ。

ABOUT US

【企業研究】早わかり商工中金 【企業研究】 早わかり商工中金

中小企業専門の金融機関として、
業界内で独自の存在感を発揮している商工中金。
全国に幅広いネットワークを展開する
当金庫の強みや特徴を、分かりやすくお伝えします。

01WHO WE ARE

中小企業の成長と発展を支える金融機関

中小企業による、中小企業のための金融機関。それが商工中金です。昭和初期の恐慌で危機的状況に陥った中小企業を救済するために誕生し、85年以上にわたり日本経済の基盤である中小企業を支援してきました。日本全国のみならず、海外にも広がるネットワークを強みに、企業のライフステージにマッチしたオーダーメイド型のソリューションを提供。豊富なノウハウと多様な情報を活かして、新規事業や事業再生などをサポートしています。これからも中小企業の最良のパートナーとして、企業の発展と日本経済の活性化に貢献していきます。

企業理念(パーパス・ミッション)

PURPOSE 企業の未来を支えていく。日本を変化につよくする。MISSION 安心と豊かさを生みだすパートナーとして、ともに考え、ともに創り、ともに変わりつづける。

規模拡大を前提とする経済発展が限界を迎え、労働人口減少や環境問題に対する持続可能なシステムへの転換が求められるようになった現代。大きく変わりゆく時代を乗り越えるために、私たちは新企業理念であるパーパス・ミッションを制定しました。金融の枠を超えたパートナーとしてお客さまに選ばれ続けるため、経営課題の解決を通じて企業価値の向上に貢献し、変化につよい経営の実現を目指します。

02OUR FEATURES

FEATURE 01

99%中小企業

地域密着型の
中小企業専門金融機関

地域に根差した中小企業を支援する
プロフェッショナル集団

中小企業の成長を金融面からバックアップする商工中金は、全国約7万社の中小企業の経営者と向き合い、将来を真摯に見据えたソリューションを提供しています。地域の社会や経済を熟知した金融のプロフェッショナルとして、製造業や情報通信業、運輸業、小売業、不動産業、サービス業をはじめ、多種多様な業界のお客さまを支援します。

FEATURE 02

マーケットに
左右されない経営体制

安定的かつ長期的な取引で、
中小企業の発展に貢献

政府と組合の共同出資により誕生した商工中金。景気がいいときも悪いときも、そして目まぐるしい環境変化の渦中にあってもお客さまと安定的に取引し、長期的視点で中小企業と伴走しています。非上場組織であり、マーケットに左右されない経営体制を有する当金庫の独自性を強みに、長期にわたってお客さまとともにチャレンジします。

FEATURE 03

国内外に広がるネットワーク

47都道府県と海外の店舗網を
活かした課題解決力

商工中金の最大の強みは、国内外に広がる幅広いネットワークです。47都道府県の店舗網はもちろんのこと、海外にも4拠点を展開。さらに、さまざまな機関と提携を結び、各地域の課題に真摯に向き合っています。ネットワークを活かしたビジネスマッチングやM&Aなど、企業同士の縁結びもサポート。地域の「稼ぐ力」を向上させるエコシステムの構築にも注力しています。

FEATURE 04

85年超の歴史で培った
目利き力

多角的に事業性を見極める
目利き力

さまざまな状況のお客さまに対し、より深く踏み込んだ事業性評価を行い、再生への道筋を見つけ出してサポートしています。財務情報だけでなく、経営者と向き合って対話し、業務や技術の内容、経営者の手腕や思いなど、経営の実態を総合的に判断。だからこそ、中小企業を徹底的に支援する商工中金ならではの存在意義を発揮し続けられるのです。

FEATURE 05

経営・組織に深くコミットした
ソリューション

経営課題に応じて、
オーダーメイド型のサービスを提供

中小企業のあらゆる課題を解決する、オーダーメイド型のソリューションを提供しています。財務改善から経営改善、海外展開、成長投資、ブランディングまで、幅広いニーズに応えるサービスを展開します。ソリューションの提供効果を拡大するため、地域金融機関や業界団体との連携や協業も強化。長期的な伴走者としてお客さまにコミットし、課題解決策をコーディネートすることで、中小企業の企業価値向上を支援します。

COLUMN

民営化について

商工中金がより一層お客さまの信頼に応え、中小企業の成長・発展に積極的に貢献していくために、現在、民営化についての議論がなされています。私たちは、私たちにもたらされる新たな可能性も視野に入れつつ、引き続き、長期的な取引スタンスにもとづく安定的な資金供給を行いながら、中小企業の持続的成長を支援し、当金庫の価値向上にも努めてまいります。

03OUR KEYWORD

商工中金のビジネス環境や中小企業の経営課題、商工中金についてをキーワードでご紹介します。

BUSINESS CLIMATE
ビジネス環境

日本中小企業割合

99.7

日本に存在する約358万の企業のうち、99.7%を占めるのが中小企業です。日本の経済社会は中小企業によって支えられているといっても過言ではなく、まさに日本の未来を担う原動力となっています。中小企業専門の金融機関である商工中金は、財務改善や成長投資など幅広いソリューションの提供を通して、日本の経済と地域社会の発展に貢献しています。

2030年の環境変化

人口減少

高齢化率が30%を超え、総人口が570万人減少する2030年の日本社会。規模拡大を前提とする経済発展が限界をむかえるだけでなく、労働力不足や経営層の高齢化といった課題にも直面しています。商工中金はこの環境変化を見据えて、海外を含めた販路拡大や事業承継、省力化投資による生産性向上施策などに取り組み、新しい経済システムの構築を目指しています。

2030年の環境変化

サステナビリティ対応

2030年の温室効果ガス削減目標が2013年度比46%に設定されるなど、サステナビリティの実現は喫緊の課題です。地球環境問題や自然災害、労働環境といった課題への対応は急務となっています。商工中金は、DXや脱炭素経営、業界再編といった取り組みを通して、中小企業のサステナブルな成長を支援。持続可能な社会経済システムへの転換を目指します。

中小企業

経営課題

中小企業の経営課題 01
販路拡大・生産性の向上

人口縮小にともなう労働人口や内需の減少が加速する一方で、製造業を中心とするモノづくり産業は世界でボーダレス化が進んでいます。今、中小企業には省力化やDX、自動化などによる生産性向上、そして海外を含む販路の拡大への取り組みが求められています。

中小企業の経営課題 02
次世代への事業承継

経営者の高齢化が進み、事業存続の危機に面する中小企業が増加しつつあります。日本の地域経済を支える中小企業を存続・発展させるためにも、社内外への事業承継の必要性がこれまでになく増しています。また、複雑に変化する環境へ対応するためにも、産業の集約・再編を見据えた対応が必要不可欠です。

中小企業の経営課題 03
産業構造への対応

地球温暖化や異常気象といった気候変動リスクへの対応は、世界の潮流となっています。また、消費の多様化や急速な高齢化、グローバルな情報化といった要因に起因する経済のサービス化・ソフト化も加速。さらにコロナショックの影響なども受け、中小企業は業種や地域性を踏まえた産業構造変化への対応が求められています。

中小企業の経営課題 04
人財戦略の高度化

生産年齢人口の減少に伴い労働力不足が加速し、人財確保の難しさから経営難に陥るケースが生じつつある時代。限られた人的資源を有効活用するためにも、エンゲージメント向上を通じた労働生産性の改善や、ガバナンスの高度化をはじめとする取り組みの重要性が増しています。

中小企業の経営課題 05
デジタルトランス
フォーメーションの推進

AIやIoT、ビッグデータをはじめとするデジタル技術を活用し、ビジネスモデルや組織風土を変革するデジタルトランスフォーメーション(DX)。変化の激しい時代を生き抜くためにも、デジタル技術に関する機会や脅威を把握し、中小企業各社にとって真に有効なDXに取り組む必要があります。

ABOUT SHOKO CHUKIN BANK
商工中金について

85年超

1936年、政府系金融機関唯一の総合金融機関として設立されて以来、一貫して中小企業を支援し続けてきた商工中金。経営状態の一時的な悪化にとらわれず、経営者が安心して事業を運営できるように、融資のみならず幅広いソリューションを提供してきました。中小企業の味方として、長期にわたる安定的な取引スタンスでサポートし続けています。

47都道府県

商工中金は、日本全国47都道府県に102店舗を展開。地域経済のプロフェッショナルとして、地域の中小企業の発展を支えています。また、さまざまな地域の企業同士をマッチングさせるなど、全国のネットワークを活用したサービスも実施。情報やソリューションの提供を通して、地域経済の安定にも貢献しています。

(お客さまのライフステージ)


SET対応

中小企業のライフステージごとの経営課題に着目し、お客さまの企業価値向上とともに、商工中金の持続的成長のために3つの分野を強化します。「Startup(スタートアップ支援)」「ESG(サステナブル経営支援)」「Turn Around(事業再生支援)」の頭文字から「SET」と名付け、差別化分野としてこれらの事業を積極的に取り組んでいきます。

幸せデザイン
サーベイ

従業員の幸福度を数値化して、企業の持続的な成長をサポートする「幸せデザインサーベイ」。10年後の商工中金のビジネスを考える「ビジネスコンテスト」で生まれたアイデアから、新たなサービスとして立ち上がりました。従業員にアンケートを行い作成したレポートをもとに、オリジナルワークショップやオンラインコミュニティといったソリューションを提供。従業員のエンゲージメント向上にもつなげていきます。

テレワーク

育児と仕事の両立やワークライフバランス向上のため、テレワーク制度を利用できます。

キャリアサポート
休職制度

配偶者の海外転勤や職員本人の大学院等への留学、不妊治療に対する支援を目的としています。

キャリア
チャレンジ制度

本部各部がジョブディスクリプションを明示して配属希望を募り、我こそはという職員が希望部署へ応募する制度です。

女性管理職比率

7.3%

(2021年度実績)

教育制度や両立支援の強化により、ここ数年で登用候補人財が増えてきています。

女性入社比率

37%

(2023年入社)

50%を目指し、リクルート活動を強化しています。

有給取得率

77.5%

(2021年実績)

有給取得日数

15.3

(2021年実績)

男性育児休業者数

67

(2021年度)

男性育児休業取得比率

76.1%

(2021年度)