商工中金RECRUIT SITE

商工中金

PEOPLE & JOB 人と仕事

PEOPLE   職員紹介

PEOPLE & JOB 人と仕事

PEOPLE   職員紹介

中小企業金融の
スペシャリストになるために、
誠心誠意お客さまに向き合っていく
向き合っていく

糸島 寛晟KANSEI ITOJIMA

  • 総合職 営業窓口
  • 大阪支店 営業第一部 営業第二課
  • 2021年入社/経済学部卒
CAREERこれまでのキャリア
2021/04
業務課にてOJT。預金‧為替業務等金融機関の基礎知識を学ぶ。
2021/07
営業窓口事務として、営業窓口をサポートする事務作業に従事。
先輩との随行訪問などを通じて、営業窓口就任を見据えた準備する。
MOVIE INTERVIEWムービーインタビュー

中⼩企業の⽀援を通して
社会貢献できることが魅⼒

大学時代は飲食業のアルバイトをしていました。求められたことだけでなくプラスアルファの気配りを意識して仕事に取組むことで、たくさんのお客さまから「ありがとう」と言っていただけた経験から、「社会に貢献し、誰かに感謝される仕事がしたい」と考えるようになりました。そして、融資で企業や社会の経済活動に貢献できる金融業界に興味を持つように。

私たちの生活に欠かせないモノづくりに携わる中小企業をサポートする商工中金の存在を知り、夏のインターンシップに参加しました。インターンシップでは、職員の方々とソリューション営業のロールプレイングを実施。事業を継続する上でお客さまのお困りのことを伺い、解決へ導くための提案やサポートをするという仕事内容はもちろんのこと、職員の皆さんの真摯であたたかい雰囲気にも強く惹かれたのをよく覚えています。

また、商工中金は入社2年目から数十社のお客さまを担当するため、若手から大きく成長できる機会があり、社会へも貢献できると考えたのも入社を決意した理由の一つです。

初心を忘れず謙虚に
誠実に成長し続けたい

現在は営業窓口就任に向けて、企業の財務分析や稟議書の起案等の内部作業を中心に担当しています。依頼された仕事は速やかにこなし、先輩の仕事の流れを止めないことを意識。作業スピードや仕事への姿勢をほめていただけたときは、素直に嬉しく、モチベーションもアップします。ときには上司や先輩と随行し、お客さまへ訪問することも。中小企業の社長や経営層の方が、これまでの企業の歩みや今後の展望についてイキイキとお話される姿には多くの学びや刺激を受けますし、企業のビジョンを叶えるためのお手伝いがしたいと身に染みて感じます。

また、お客さまのこだわりや熱い思いについては質問を重ねてより深く理解し、ビジョンの背景やニーズを把握するよう努めています。印象に残っているのは、お客さまからいただいた「一通り仕事に慣れてからも、新人のときの気持ちを忘れずに謙虚に頑張ってください」という言葉。休暇中の担当者に代わり私一人で来店対応することになったのですが、不慣れながらにも誠心誠意対応させていただいたところ、その言葉をいただいたのです。お客さまに対して真摯に向き合えば、その気持ちに応えていただける。そう実感し、年次を重ねても初心を忘れず、謙虚に誠意を持ってお客さまに向き合っていこうと新たに決意しました。

知識と経験を磨き
誰からも頼られる人財に

目標は、お客さまに頼られる営業窓口になること。これからの時代、金融機関は融資するだけでなく、本業支援にも力を入れる必要があります。そのためにも、中小企業診断士の資格取得にチャレンジし、中小企業の経営に深くコミットできるスペシャリストになりたいです。もちろん、営業窓口の業務は知識だけでなく経験も問われます。憧れの先輩は商工中金が提供できるソリューションに精通しており、多様なニーズに対して適切な支援を提案しています。いち早く一人前の営業窓口になれるよう、先輩がどのようにお客さまと会話し、ニーズを引き出しているかといった仕事ぶりを見習い、自分のものにしていきたいです。

また、商工中金は定期的な全体研修のほかに、より専門的なスキルを学べる選択型研修が設けられています。新人には専属の指導員がついて悩みや疑問を相談できますし、そのほかの先輩方も優しく丁寧に指導してくださります。安心してスキルを磨ける環境が整っており、ひたむきに物事に取り組む姿勢を評価してくれる商工中金で、頼りがいのある人財に成長できるよう仕事にまい進していきたいと思います。

※職員の所属部署・掲載内容は取材当時のものです

OFF TIMEオフタイム

休日は基本的にはインドア派で、サッカー、バスケットボールなどのスポーツ鑑賞やゲームでリフレッシュすることも多いですが、大学時代から続けているフットサル等も楽しんでいます。

  • PEOPLE &JOB ⼈と仕事
  • PEOPLE職員紹介
  • KANSEI ITOJIMA

SCROLL DOWN