女性が長く働ける
環境に
魅力を感じたのが
選んだ理由。

武山 華步Kaho Takeyama

総合職 営業窓口

2019年入社 /
東京支店 業務部 窓口サービス二課

首都圏で仕事をしたいから転勤先が限られるコースを選択

就職活動を始めたのは、大学4年生になる直前でした。周囲の友人はすでに始めていましたから、少し出遅れた焦りもありました。そのため、学内で開かれた企業説明会には全日程参加しました。旅行、保険、クレジットカード等、いろいろな業界の説明を聞きましたが、なじめそうにないというのが率直な思いでした。そこで初心に帰り、私はどんな場で働きたいのか。真剣に考えて出した結論は、さまざまな方々との出会いのある組織、つまり金融機関です。金融機関はすべての業界と接点があり、その分出会いも多いはず。そう考えて金融機関一本に絞り、就職活動を再スタートさせました。商工中金に決めた理由は二つです。一つは大学のテニスサークルで尊敬していた先輩が、商工中金で働いていたためです。その先輩は大学に入ったばかりでテニスも初心者の私に対し、非常に優しく接してくれて指導法も的確で頭脳明晰。その先輩が選んだ商工中金は間違いなく、いい組織のはず。そこでさらにどんな組織なのか調べていくと、政策金融機関として中小企業に特化していること。女性でも長く働けることを知った後は迷いなく商工中金と決めたのです。実際、現在の職場である東京支店の職員の方々と面談しても、どの方も親切で説明も丁寧。それどころか、就職活動で疲れた顔を見せていた私に、「あまり頑張り過ぎない方がいいよ」などと声をかけていただき、感激してしまいました。二つ目は、募集されていたコースに勤務地が東京、神奈川、埼玉、千葉の1都3県に限られるというものがあり、将来のキャリア・働き方を考えたときにピッタリだと感じたことです。私の実家は福島ですが、大学時代を東京で過ごしたこともあって、首都圏で仕事をしたいと考えていました。

支店の職員やお客さまに頼られる存在になるのが目標

東京支店では現在、預金窓口の後方事務を担当しています。振込の手続きや口座開設・解約、手形や小切手の手続きなど、幅広く複雑な業務もありますから毎日が勉強です。商工中金では最初の1年目は、支店の内勤業務をジョブローテーションで学んでいきます。教えていただいたことを私なりにまとめ、諸先輩の手を借りることなく業務が処理できたときに、小さな達成感を覚えます。商工中金の社風として上司や先輩がすごく「褒め上手」であり、モチベーションも高まり楽しく働いています。日々の仕事で意識をしていることは、「今できることは今やる」ということです。銀行業務にはたくさんの仕事があり、同時に複数の仕事を進めていく能力が特に求められます。定例の仕事を後回しにしてしまうと、忘れてしまったり、優先順位がバラバラになったりしてしまうため、きちんと手順を踏んで1つ1つ確実に、仕事をすることを1年目に習いました。今後は営業窓口事務を経験し、その後営業窓口となりますが、東京支店では支店の社員の方々はもちろん、お客さまにも頼られる存在になることを目標に、これからも努力を重ねて行かねばと思っています。

結婚、出産しても働くワーキングママが大勢いる

就職活動中の皆さんにも同じイメージがあるかもしれませんが、私が就職活動をしていた頃は、商工中金に対して「真面目で堅い」イメージを持っていました。支店見学もしませんでしたから、漠然と他の金融機関と同じように窓口で女性が応接して静かな雰囲気の中で働いているのだろうといったイメージしかありませんでした。しかし、入社してからわかったのは、皆さん真面目ではありますが、とても優しく面倒見が良いということ。就職活動中には辛いことや迷うこと、悩むこともあるかとは思いますが、就職後はどんな楽しいことが待っているのだろうかと、ポジティブシンキングに頭を切り換えると、自分に合った組織、会社が見えてくると思います。商工中金は女性にとっても働きやすく、結婚、出産をしながらも時短勤務をするなどして長く働いているワーキングママさんも大勢います。商工中金に興味を持っていただき、中小企業を応援する役割に共感していただける方々と、一緒に働ける日を楽しみにしています。

Movie Interview

Profile

氏 名
武山 華步
部 署
東京支店 業務部 窓口サービス二課
入社年
2019年
出身学部
商学部

これまでのキャリア

2019 / 04
営業企画課にて契約書の作成や実行など、契約業務を担当。
2019 / 07
窓口サービス課にて振込み手続きや口座開設等の預金業務を担当。手形・小切手の受け入れ等も。

休日の過ごし方

大学時代の友人らと、週1回程度はテニスを楽しんでいます。テニスの後は、美味しいイタリアンの店やお洒落なカフェで食事を楽しみ、時にはカクテルも。後は、銭湯巡りが趣味です。広い浴槽はとても気持ちが良く、いいリフレッシュになります。

※職員の所属部署・掲載内容は取材当時のものです。

職員インタビュー 一覧