商工中金の強みとは

経営者に育てられ、やがては経営者を支える存在に

藤田 瀬奈

Sena Fujita

営業窓口 2015年入社
深川支店
営業第三課

学生時代に指名担当制の塾講師のアルバイトを通じて、自分が指名されることにやりがいを感じ、自分を選んでもらえる金融の仕事に興味を抱く。中でも営業窓口が自分の力で物事を進められる商工中金に魅力を感じて入社。現在は深川支店で運送、メーカー、木材卸などの業種で約100件のお客さまを担当。日々お客さまを訪問して、ニーズのヒアリングや融資の提案を行うほか、外国為替やビジネスマッチングなどの相談も受けている。

経験豊かな経営者と出会って成長した

自分よりも経験豊かな幅広い人たちと出会って、話すことで成長したい。そうした思いで入社した商工中金。実際に入社2年目から営業窓口として担当先を数十社持ち、「本当に経営者に会えるんだ」と驚きました。そして、営業を始めたばかりの自分にいち社会人として接していただけるのも予想外でした。上司や先輩に同行していたときは、お客さまと対等でフランクすぎるほど気さくに話す姿を見て自分にできるんだろうかと不安もありました。当初はお客さまに「緊張しています!」と宣言し、こわごわ訪問していた私ですが、現在はとくに用件がなくてもお邪魔することもあり、「神経が図太くなった?」と冗談交じりで言われることも。忙しい中で貴重な時間をいただくので、雑談だけではなく相手が何を求めているのかを考えて、役に立つ情報を何か一つ置いて帰ることをモットーとしています。

その会社のために新しい仕組みを作る

営業活動にも慣れてきて金融や財務の知識が少しずつ深まると、事業内容や経営状況についても深い話ができるようになり、お客さまの役に立てるチャンスも増えてきました。そうした中、新規で取引が始まったあるメーカーの経営者から海外工場で作った製品を輸出入する新しい事業に対して融資を受けたいとの相談を受けたのです。ところが、ある問題があって現状のルールのままでは融資ができないことが判明。そこで支店の先輩や輸出入に詳しい本部の国際部の専門家に相談。出されたいくつかのアイデアを組み合わせて問題点をクリアして、新しい融資の仕組みをつくることができました。融資が可能になったことでお客さまが新たなビジネスに取り組むことができるようになったのです。お客さまからは「もっと早く藤田さんに相談すればよかった」と感謝を受けて、その後商工中金との取引も拡大しました。

問題解決のためにお客さまを深くよく知る

多くのお客さまは商工中金に対して「損得抜きで話ができる」という印象をお持ちです。私自身は金利や手数料は、お客さまのために動いて役に立つことができた時に感謝された見返りだと考えています。逆にお客さまの役に立たなければ見返りは得られません。そのために、お客さまをよく知り、包み隠さず話せる対等な関係が作れる努力をしてきました。商工中金の営業窓口はお客さまとのやりとりで鍛えられ、お客さまに成長させてもらえるのです。営業活動を通じてお客さまの話にしっかりと耳を傾けて、周囲を巻き込みながら対策を考えれば、たいていの問題は解決できるという自信がつきました。入社したばかりの頃は、自分が動くことでここまでお客さまの事業にもいい影響を与えることができるとは想像が及びませんでした。今は「私自身が選ばれる」という状況がどんどん増えてきている実感があります。

藤田瀬奈が生み出す強み

一番に相談してもらえるという関係をつくり、お客さまのチャンスを逃さないサポートをする。 一番に相談してもらえるという関係をつくり、お客さまのチャンスを逃さないサポートをする。

若手のうちから経営者に接して課題解決力を鍛え、お客さまとの間で「一番に相談してもらえる」という関係を作る。そして、迅速な判断をしなければビジネスチャンスを逃しかねない中小企業が機会を逃さないように支援できるのが、営業窓口 藤田の強みなのだ。

※職員の所属部署・掲載内容は取材当時のものです。

商工中金の強みとは 一覧