人を思う。未来を思う。商工中金 新卒採用サイト2018

経験値が増えることで 自分の可能性が 広がる仕事

担当職/窓口サービス 2004年入庫 / 神田支店 窓口サービス課 榊田 里美

経験値が増えることで自分の可能性が広がる仕事

私は現在、窓口サービス課で、預金・為替と資産運用相談を担当しています。お客さまのご用件に対して、正確かつ迅速に対応することはもちろんですが、会話の中で得たニーズに対して、お客さまに合うような金融商品をご紹介したり、資産運用を組み入れたご提案を行うことも重要な役割です。法律の改正も頭に入れる必要があり、正直、最初の3年ぐらいは余裕がなく、かなり大変でした。しかし、業務を覚え、さらに後輩の指導を任されるようになると、だんだん仕事が楽しく思えてきました。さらに、自分を指名して相談に来られたり、ご提案に耳を傾けてくださるお客さまが増えたことも、励みになっています。私にとってこの仕事は、経験値が増えることで、より自分の可能性が広がることを実感できる「ほかに代えがたい職業」です。大変だと感じていたころは苦痛に思っていた業務も、今ではむしろやりがいを感じられるようになり、それだけ仕事に対して気持ちが前向きになったのだと思います。

女性にとって働きやすい環境がある

私は、入庫後、結婚・出産を経験。出産・育児休暇を利用後、また同じ職場に復帰しました。復帰にあたっては、実際に結婚・出産後も仕事を継続されている女性の先輩が数多くいますので、不安はありませんでした。もちろん仕事をする以上、甘えは許されませんが、職場全体が協力的で、女性にとって働きやすい環境や制度が整っていると思います。確かに仕事と家庭の両立は、時間的な制約があるなど大変な部分はありますが、だからこそより集中して取り組めるようになりました。また、家庭を持つ女性ならではの接客もできるのではないかと思います。その意味では、復帰後、やりがいはますます増しているように感じています。今後は、テラーとしてお客さまのニーズに正確に応えると同時に、よりお客さまの利益につながる提案のできる金融のプロをめざしていきたいと考えています。自分が頑張ることで、商工中金とお客さまの信頼関係が深まれば、それがさらなる喜びや成長につながると思います。

榊田 里美
氏 名
榊田 里美
部 署
神田支店 窓口サービス課
入庫年
2004年
出身学部
比較文化学部卒

これまでのキャリア

2004年4月
池袋支店営業企画課に配属され、外国為替業務を担当する。海外送金、為替予約、L/C開設など外国為替に関する業務全般を経験。
2004年9月
営業第五課に異動し、営業窓口事務を担当。
2006年7月
窓口サービス課に配属となり、預金、債券、預かり資産業務に携わる。
2012年4月
神田支店に転勤となり、窓口サービス課で預金・為替、資産運用相談を担当。

休日の過ごし方

普段の休日は自宅や自宅付近でのんびり過ごすことが多いですが、連休などのまとまったお休みにはよく家族と一緒に旅行に出かけます。旅先で現地の工芸品の手作り体験などをするのが楽しみです。

担当職の仕事 一覧に戻る