仕事の基礎を固めながら 営業窓口デビューに向けて 毎日が成長へのステップ

総合職 営業窓口 2017年入庫 / 札幌支店 営業第二課 清水優花

先輩たちのしっかりとした指導のなかで成長中

入庫の動機は挑戦する人をサポートできる仕事をしたかったこと。中小企業の経営が苦しい時にこそ存在意義を発揮できる商工中金だからこそ、お客さまをしっかりサポートできるのではないかと考えました。現在担当している営業窓口事務は、お客さまの財務分析や融資に必要な書類の作成など営業窓口が行う仕事のサポートですが、自分が融資担当となることを想定して実際に先輩の担当企業の財務諸表等を分析し調書の一部を作成するなど実践に近い仕事をしています。企業の償還力や将来性を判断し、融資可否に直結する作業が多いため作業スピードのみならず正確さなども注意しています。先輩の資料作りを見習って内容の確認を何度も行ったり、さまざまな工夫もするようにもなりました。金融機関の業務は営業窓口だけでは完結しないものも多く、事務作業を通じてチームワークの重要性を日々実感しています。札幌支店への配属は予想外でしたが、先輩たちがしっかりと業務を教えてくれるだけではなく、若いメンバーも多いので、楽しく仕事ができています。

お客さまの言葉から全国ネットワークの強みを実感

入庫から半年以上経ち、営業窓口の先輩に同行して、お客さまを訪問することも増えてきました。先輩たちの動きをよく見て、毎日新しいことを吸収しているので、一つ一つの業務にやりがいや達成感を感じています。今後の事業展開や資金繰り等企業経営に関する重要な話から雑談まで企業経営者と様々な内容を会話することから、銀行員・社会人として豊富な知識が求められるため事前準備や日々の自己研鑽も重要であり、とても勉強になっています。そんな中で印象に残ったのは、ある企業を訪問した際に「この借入は商工中金に頼んで良かった」と、お客さまからの感謝の言葉を聞くことができたことです。北海道から遠く離れた九州に事務所を建て事業を拡大したいというご相談でした。九州の物件情報の提供だけではなく、道内の銀行では得られにくい現地の業界動向を基にした融資判断を行うなど、商工中金ならではの強みやサービス力を感じることができました。他にも支店網を生かした、他県の企業とのビジネスマッチング例もよく見受けられます。この案件を担当したのは、入庫9年目になる私の指導員です。中小企業をサポートしていきたいという、同じ志を持つ人と一緒に仕事ができることは、自分の成長に繋がると思っています。

「常にお取引先企業の成長を考えた一歩先の行動」で提案をするのが目標

入庫する前は、商工中金は中小企業から助けを求められて、初めて機能を発揮するのではないかというイメージを抱いていました。ところが、実際の現場では融資だけではなく、外国為替やビジネスマッチングなど、お客さまのメリットになりそうな提案を、自分たちから積極的に行っています。先輩たちの姿を見ていると、「常にお取引先の成長のために一歩先の行動を…」の姿勢を持っているのを感じます。私も早くそうした取り組みができるように、金融の知識をつけるための自己啓発なども行うようにしています。また、情報に敏感でいるために、経済新聞を読むだけではなく、インターネットでキーワード設定をして必要な情報を集めたり、あるいは地元のテレビの情報番組などを見て、新しい製品やイベントなどの情報と、それを手がける企業やお客さまとの関係を結びつけて考えたりしています。今後の目標は、先輩や後輩にも信頼されるようになること。周囲から信頼される営業窓口になれば、お客さまとも信頼関係を築くことができるはずです。その結果、「君とならもっと話したいよ」とお客さまに言ってもらい、さまざまな情報交換をできるようになりたいです。そうすれば多くの課題を解決し、お客さまのためになれると考えています。

清水 優花
氏 名
清水 優花
部 署
札幌支店 営業第二課
入庫年
2017年
出身学部
経営学部卒

これまでのキャリア

2017年4月
窓口サービス課にて預金業務を担当。預金・為替にかかる事務作業(手形取立、振込事務、各種書類処理)や、リテールの顧客への電話対応などを経験。
2017年7月
営業企画課にて契約業務を担当。営業窓口の方に依頼された契約書の作成や、契約書のチェックなどを中心に行う。
2017年10月
営業第二課にて営業窓口事務業務を担当。営業窓口のサポートを経験している最中。また、来春の営業窓口業務に向けての準備期間にもなっている。

休日の過ごし方

北海道という土地柄か、連休には全国の総合職の同期が旅行に来てくれることが多いので休日は充実しています。札幌支店にいる間に、仕事もプライベート全てにおいて「北海道ならでは」を満喫したいと思います。

総合職の仕事 一覧に戻る