挑戦を重ねながらお客さまのために汗を流せる営業窓口になりたい

総合職 営業窓口 大塚 友樹 2016年入庫/金沢支店 名古屋支店 営業第一部 営業第四課

提案に向けて一歩ずつ経験を積み重ねたい

就職活動ではコンサルタント会社からも内定をいただきましたが、中小企業を専門に支援する商工中金のほうが、お客さまのニーズに直接触れてサポートをする実感が得られ、世の中の役にも立てるのではないかと考えて、商工中金への入庫を決意しました。入庫2年目の現在は、銀行業務の基本を身に付けている真っ最中です。窓口サービス課に所属していた際、取引のあるお客さまに電話で定期預金のキャンペーンをご案内したのですが、知識不足からキャンペーンの説明に終始してしまい、お客さまのニーズを引き出すことができず、悔しい思いをしました。そのことから、早くお客さまの役に立てるようになりたいと強く思うようになりました。その後、別のお客さまから電話で口座の預金残高の照会を受けた際に、残高をお伝えするとともに、ネットバンキングで残高を確認できることをご案内して感謝されたことがありました。もしかしたら他にもネットバンキングを活用できていないお客さまがいるのではないかと考えて、上司にネットバンキングを紹介するパンフレットをお客さまに送ったらどうかと提案。その意見が採用されて、お客さまへのパンフレットの送付が実現したのです。今後もお客さまの期待に応えられるよう、商工中金の一員としてさまざまなことにチャレンジして、経験を積んでいきたいと考えています。

お客さまのために上司と議論を重ねる

現在、担当しているのが営業窓口事務というお仕事です。お客さまの財務分析や、融資に必要な書類の作成など、営業窓口の先輩をサポートする仕事です。財務分析を行うために、自己啓発で簿記や会計についても学び、毎日の業務の中で書類に書かれた数字の意味が少しずつ理解できるようになってきました。そして、だんだんと数字から「このお客さまはこういうところで困っているのではないか」と仮説を立てて考えられるようになり、自分自身の成長を感じています。支店に配属されて驚いたのは、想像していた以上に営業窓口が上司をリードしながらお客さまへの提案を練り上げていく場面が多いことです。上場企業の場合には誰にでも経営情報が開示されていますが、中小企業の場合には、お客さまのことを一番知っているのは営業窓口です。そこで上司も個々の営業窓口の意見を重視して、お互いの知恵を出し合いながら、提案内容を決めていきます。そのようにして出来上がった融資の書類を見ると、少しでもお客さまの経営を好転させるための工夫や提案が盛り込まれていることが少なくありません。そして、その融資が行われた結果、お客さまから感謝されたという事例を何件も見てきました。まさに「中小企業のための」金融機関で働く使命感を間近で感じており、早く自分も現場に出てみたいとワクワクしています。

一つでも多くのニーズに応えられる営業窓口に

最近では、先輩と一緒にお客さまを訪問する機会も増えてきました。先輩とお客さまとの会話は、メディアで報道されるような話題からその業種ならではのマニアックな話まで、多彩な内容となっています。そのことが新鮮に感じられるのと同時に、お客さまの業務や課題を理解するために、広範な知識を身につけることの大切さを感じました。中小企業は景気変動などの影響を受けるリスクも高いので、今から最新のニュースに対してアンテナを張る努力を続けています。また、東京で行われる集合研修などで全国各地で勤務する同期と話をすると、支店によってお客さまが全く異なることにも驚かされます。名古屋支店はさまざまな業種のお客さまがいるので、多種多様なお客さまを担当することで経験の幅を広げられると思います。さらに他の支店も経験することで、さまざまなことに対応できる、奥行きのある営業窓口になりたいと考えています。目標はお客さまの役に立てるように、惜しまず汗を流せる営業窓口になること。そしていずれはそうした経験を、後輩や他支店にも伝えていけるような存在になりたいと思っています。

大塚 友樹
氏 名
大塚 友樹
部 署
名古屋支店 営業第一部 営業第四課
入庫年
2016年
出身学部
社会科学部卒

これまでのキャリア

2016年4月
営業企画課にて契約業務を担当。契約書の作成やチェックなどを経験。
2016年7月
窓口サービス課にて預金業務を担当。預金・為替にかかる事務作業や、電話でのキャンペーン紹介などを経験。
2016年10月
営業第一部営業第四課にて営業窓口事務業務を担当。営業窓口のサポートを経験。

休日の過ごし方

趣味はピアノ演奏や読書ですが、名古屋に住むのは初めてなので、休日はおいしい名古屋メシを食べ歩きすることもよくあります。名古屋支店には私を含めて同期が11人いるので、月に1回くらいのペースで、あちこち遊びに出かけるのが楽しみです。

総合職の仕事 一覧に戻る