学ぶことを通じて お客さまの業務に精通し 経営の最重要部分をサポート

総合職 営業窓口 2007年入庫 / 名古屋支店 営業第一部 営業第二課 調査役 古屋駿介

お客さまの根本的な仕組みづくりに参加

多種多様な業種のお客さまを抱える渋谷支店に異動したのは、入庫5年目のこと。そこで自分を大きく成長させてくれた案件が、ある食品輸入商社N社との取引でした。海外貿易を行っているため外国為替の取り扱いが非常に大きいのですが、担当した当初、私には外国為替の知識がほとんどありませんでした。そこで、少しでも早くお客さまの役に立てるように、支店内で外国為替に詳しい先輩職員のサポートを受けながら、自分自身でも学んで行きました。海外取引は非常に奥深く、代金決済の方法一つとってもさまざまなパターンがあります。それをお客さまに一つ一つの取引について教わりながら、決済時期に必要な資金の融資枠を拡大することができました。また、海外との取引には、為替のレートの変動で損失を出すリスクもあります。リスクを最小限に抑えるために、将来一定のレートで取引ができるクーポンスワップ※という取引手法を提案。お客さまと膝を詰めて議論をしながら、リスクを回避して取引するための仕組みを一緒につくっていきました。ごく細かな部分まで議論を尽くした結果、お客さまのビジネスを根本から理解した上で、期待を大きく上回る提案が可能になり、しっかりとした関係を築くことができました。

企業が飛躍する場面に立ち会える醍醐味

N社が、世界最大手の食品メーカーと初めて輸入取引をスタートする際にも、相談を受けました。大手企業との取引では、支払方法や保証金などの点で厳しい条件が求められるケースがあります。そこで、契約に先立ち、一方的に不利な条件にならないように、商工中金の国際部のサポートを受け、契約や取引条件について法的なチェックを綿密に行いました。そして万一の場合には、商工中金が債務保証をするという条件も出して、取引がスタート。これがお客さまからは非常に感謝されたのです。これまで多くの場面で支援をしてきた結果、この会社が本社の建て替えをする際にも、商工中金に真っ先に相談をしてくれました。本社の建て替えは巨額の資金が必要となるため、他行と共に協調融資を行い、3年がかりで計画が実現。完成した新社屋を見た時には、非常に感慨深いものがありました。N社が世界最大手との取引により新しい仕入れルートを構築し、人気商品を導入できた結果大きく売上が伸びました。計画段階からサポートした企業の成長と、飛躍の場面に立ち会えたことは、商工中金の営業窓口の醍醐味だと考えています。素晴らしい経験ができました。

リーマンショックで支援した経験が原点

現在は名古屋支店で、約100社のお客さまを担当しています。名古屋は国内の自動車産業の中心地であり、取引先には自動車関連の製造業や商社など、日本が誇るものづくりを支える企業が顔をそろえます。日系企業の海外進出も加速する中で、取引先においても海外に現地法人を有する企業が数多く、海外展開支援も含めて、企業の成長と発展を支えるため営業活動を行っています。私の仕事の原点にあるのは、浜松支店でキャリアをスタートした時に、リーマンショックで業績が落ちて資金繰りが不安な中小企業への融資を行い、感謝されたこと。その時に、商工中金の存在意義を強く感じました。また、渋谷支店では様々なスキームを学んで、多くのことに挑戦することができました。取引先が気づいていない課題やニーズに対して、ソリューションの提案をして喜ばれる。これまでの経験から、必要な資金額を提案したり、物を担保とした独自の融資など、いろんな提案ができるようになりました。それらをすべてワンストップで行うので気付きやすい点があります。商工中金には提案力を強化するための研修もあり、学んだ内容を自分のお客さまに応用するチャンスがあります。これからも探究心を持って、納得のいく仕事をしていきたいと考えています。将来的には課や支店をマネジメントする立場で、地域社会に貢献していける存在になることが目標です。
※クーポンスワップ
スワップは相場の変動によるリスクを防ぐために、予め一定の交換レートで通貨の交換をする仕組み。クーポンスワップは特に金利の部分で交換するものを指します。

古屋 駿介
氏 名
古屋 駿介
部 署
名古屋支店 営業第一部 営業第二課
入庫年
2007年
出身学部
法律学部卒

これまでのキャリア

2007年4月
浜松支店に配属。1年目は、預金・為替業務、融資契約業務、営業窓口サポート業務などをジョブローテーションにて経験。
2008年4月
2年目より営業窓口に就任。自動車関連製造業や運送業を中心とした取引先を担当、リーマンショックの影響を受ける企業に数多くの融資にて支援を行った。
2011年8月
渋谷支店に異動。製造業や輸入商社、IT関連、芸術関連、映像製作関連など、渋谷という土地柄、特色ある企業を多岐に渡り担当。
2016年8月
名古屋支店に異動。自動車関連製造業を中心に担当。

休日の過ごし方

3歳と1歳の元気な子どもがいて、休日はもっぱら家族との時間を大事にしています。公園に行って自然に触れたり、動物園や水族館などに行くことが多いです。写真は幼稚園の自転車教室で子どもに乗り方を教えているところ。

総合職の仕事 一覧に戻る