お客さまとの確かな 信頼関係を築いて、 提案力ある営業窓口に

総合職 営業窓口 2017年入庫 / 佐賀支店 営業第三課 黒木将

先輩の指導のもとで信用判定業務を習得中

学生時代、起業家や中小企業の経営者の話をきいて学ぶ機会が多く、日本経済を支えているのは中小企業だということを知りました。しかし、中小企業の多くは、経営や資金繰りなどが厳しい会社ばかり。そこで私はそんな中小企業を支えたいと思い、商工中金に入庫しました。現在はジョブローテーションの一つとして、お客さまを訪問する先輩方をサポートする業務に携わっています。業務の中でも特に学ぶことが多いのが、融資の審査に必要となる信用判定です。決算書を読みこなす必要があるため、企業財務に関する知識を入庫後から自主的に学び始めました。さらに先輩の指導を受けながら、その会社の現状を判断し今後の予想を立てながら、信用判定をしていきます。私の判定が先輩の見立てと合致しないときは、先輩がお客さまの現状や背景を交えながら、数値の分析手法を教えてくれます。その結果、少しずつ判定のスピードもレベルも向上し、「この着眼点はいいね」と評価されることも増え、自信に繋がっています。

「早く一人前に」とお客さまからの励ましも

先輩に同行して、お客さまを訪問する機会も増えてきました。驚かされたのは、商談での先輩たちの交渉力が高いこと。訪問する会社ごとにあらかじめ業界知識や雑学を仕入れて、商談に活かしています。自信に満ちて仕事をしている先輩の姿を見ると、見習いたい部分ばかりです。お客さまの工場見学にも同行させていただきました。先輩は社長に質問しながら、工程のムダや不良在庫などをしっかりチェック。私が気付かなかったポイントも多数確認しており、習得すべきことが山積みだと痛感しました。一人前までの道程は長いですが、先輩からは、まずは元気が一番で、明るく真摯に企業に向き合えばやがて社長も認めてくれると指導していただいています。お客さまからも「先輩に負けないように、早く一人前になれ」と励まされました。一方、私の指導員からもさまざまなアドバイスを受けていますが、先輩が持っている業界や地元企業に関する膨大な知識の量には、圧倒されます。近くに優れた先輩がいる環境は、目標となる存在がいるという点で、非常に恵まれていると思います。

提案力を身に付け、頼りにされる営業窓口に

東京に新卒入庫の同期が全員集まって、営業窓口事務の研修を行いました。全国の同期は速く営業窓口としてデビューし、お客さまと接したいと口々に言っていました。商工中金では、入庫2年目からお客様を担当し、営業活動を行います。実際、商工中金のように、2年目から営業活動を行う金融機関は珍しいと思います。お客さまである中小企業の経営者の方々は、多くの苦労や成功を体験した経験豊富な方々ばかりなのだと、実際にお話しをして感じます。一日も早く自分の担当を持ち、経営者の方々と語り合える機会は、自分自身を大きく成長させてくれると期待しています。経営者の方々に頼りにされるには、業務知識ばかりではなく、いかに信頼関係を築けるかが重要です。先輩方がお客さまと打ち解けた会話ができるのは、しっかりとした信頼関係を築き上げているからこそ。難易度は高いですが、挑戦しがいがあります。今は先輩やお客さまから教わることばかりですが、早く提案ができる力を身に付け、お客さまから頼りにされる営業窓口になりたいです。上司や先輩からは、営業窓口として仕事をすることを前提として、業務に当たるように指導されていて、常にワンランク上の仕事を要求されます。そうした周囲の大きな期待に少しでも早く応えられるようになるのが目標です。

黒木 将
氏 名
黒木 将
部 署
佐賀支店 営業第三課
入庫年
2017年
出身学部
経済学部卒

これまでのキャリア

2017年4月
窓口サービス課にて預金・為替に関する業務を担当。また小規模企業共済にてテラー対応を経験。お客さまを相手にお金のやり取りを行い、お客さまの大切なお金を扱うことの重みを実感。
2017年7月
営業企画課にて契約事務を担当。営業窓口の先輩方のサポートとして、契約書の作成やチェックなどを経験。
2017年10月
営業第3課にて営業窓口事務を担当。営業窓口の先輩方のサポートとして、資料作成、集金などを経験。

休日の過ごし方

集合研修の合間の休日に、テーマパークに出かけた時のワンショット。普段の休日には、友だちと遊びに出かけたり、学生時代に結成したバンドで演奏活動をして、リフレッシュしています。

総合職の仕事 一覧に戻る