働く環境について/Environment to work

My Style わたしの働き方

周囲の支えや応援があるからこそ全力で仕事に取り組みながらステップアップし続けられます。

浦田 まど香 Madoka Urata

総合職 営業窓口 横浜支店 営業第四課
2011年入庫

一人前に成長するために全員で支えてくれる環境です

総合職は入庫2年目から、営業窓口としてお客さまを担当します。最初はお客さまと雑談するばかりで、肝心のヒアリングや提案ができなかった私に対して、上司は「お客さまの話の意図を考えてみては」「こういう聞き方をすればどうか」と、さまざまなアドバイスを与えてくれました。それに従ってお客さまとのやりとりを続けながら試行錯誤を繰り返すうちに、少しずつですが、成長を実感できるようになりました。商工中金には営業窓口として独り立ちできるように、支店の全員が熱心に教えてくれる環境があります。今では当時のアドバイスを生かし、お客さまを訪問する際は、どのような提案をするか、何をヒアリングするかをしっかり頭に入れて向かうことを心掛けています。そうした取組みを続ける中で、担当していた企業が工場を改修する際に、大規模な融資を行うことができました。お客さまにとって重要な場面で支援ができた時に得られる達成感は、とても大きなものがあります。

指導員として後輩を教えて自分自身の理解が深まりました

商工中金の営業窓口は、融資だけではなく、お客さまの困りごとに対するさまざまな提案を通じて、普通の銀行とは違うサポートができるのもやりがいの一つです。したがって年次が上がるにつれて、より幅広い視点を身に付けて提案を行わなければなりません。私もお客さまから信頼されるだけではなく、行内においても、課を引っ張っていかなければならない時期に差しかかってきました。担当するお客さまの数が増え、仕事への責任も増しています。後輩を育成することも大切な役割です。商工中金ではマンツーマンで新人を育成する指導員制度があり、私は5年目の時にある新人を担当しました。仕事の入り口から一つひとつ後輩に教える中で、自分ではわかっているつもりでも、完全に理解できていないことが多いと痛感しました。指導を通じて、仕事について改めて理解を深めた結果、自分自身を成長させることができました。また、今後のキャリアとしては、本部で専門的な業務に就いて支店で培った知識をブラッシュアップし、「この問題はこの人に聞けば分かる」という、自分の専門分野を持ちたいと思っています。

自分を成長させるための仕組みがしっかりとしています

商工中金に入庫して何よりもよかったのは、上司や同僚など、周囲の人に恵まれていること。私自身も、仕事だけではなく、周囲の人々へのサポートや気配りができる先輩・上司になりたいと思っています。そのためにも経済や市場などについても学び続けることが不可欠です。成長に必要な仕組みが整っているのも、商工中金に入ってよかったと思うことの一つです。入社後は銀行検定や法務、外国為替などの資格を1年目から3年目までに取得します。さらにその後は本部の研修でグローバル関連やマーケット関連などのさまざまな研修を受けることができます。若手であっても興味があれば、多様な知識を取得できます。日々の仕事は忙しいですが、休みはしっかりとることができます。オンとオフの区別がしっかりした社風のなかで、仕事と学び、プライベートのバランスを上手く取りながら、イキイキと仕事を続けていきたいです。

休日の過ごし方

年に一度5連休を取得できるので、平日5日間とその前後の土日をつなげて休むことで、最大9連休になります。私は旅行が好きなので、家族や友人と旅行に出かけています。ふだんの休日には、同期や友人とカフェめぐりやおいしいものを食べに行くことが多いです。

学生へのメッセージ

私は就活中、こんな風に働きたい、こんな人たちと働きたいと思えるかどうかを基準に企業を選んでいました。その点、商工中金は、情熱をもって仕事を語る人がたくさんいる環境です。また、金融機関というと堅苦しいイメージがありますが、商工中金は想像とは違って和やかな雰囲気で、入庫して良かったと実感しています。仕事の面では、自分が担当するお客さまについては、全て自分が窓口となって対応するので、お客さまとの距離が近づくだけではなく、達成感が得られるチャンスも数多くあります。就職活動は社会人人生のスタートとなる大事な時間です。将来の自分の姿を描きながらたくさんの企業を見て、たくさんの人の話を聞いて、時間を惜しまず、活動することが大切だと思います。

「ワーク・ライフ・バランス」を実現する職員の働き方

  • 浦田 まど香
  • 東田ゆかり
  • 黍田 丹美