職員の本音/Special Talk Session

担当職座談会自分らしく、働く。私らしく、頑張れる。

入庫年もきっかけも異なる3名が商工中金を選んだ理由や仕事の楽しさ、環境について ざっくばらんに語ります。

Profile

  • 榎本 宏美Hiromi Enomoto
    2006年入庫
    窓口サービス
    経済学部卒
    渋谷支店
    窓口サービス課
  • 須田 未悠Miyu Suda
    2011年入庫
    窓口サービス
    理学部卒
    押上支店
    窓口サービス課
  • 藤澤 幸恵Yukie Fujisawa
    2014年入庫
    窓口サービス
    法学部卒
    上野支店
    窓口サービス課

温かな仲間がいる。頼れる制度がある。仕事を続けられるのには理由があります。

入庫前のイメージと、実際に入った後のオフィスの雰囲気や仲間たちについて、そして、育児休業制度や短時間勤務制度など、
女性の出産・育児をサポートする仕組みについて語り合いました。

何でも相談できる温かなオフィス

榎本

就職活動中は、銀行の面接ってかなり緊張しましたよね。でも、商工中金は面接が決まりきった内容ではなく、私個人についていろいろ聞いてくれたので、リラックスして臨むことができました。

藤澤

私もそう思いました。素の自分を出して面接ができたのがよかったですね。

須田

私は就職活動中、リクルートスーツで商工中金の本店を訪れた時に、エレベーターの中で採用とは関係のない職員の方から「頑張ってねと」声をかけられました。他社ではそんな声をかけられたことがなかったので、とても嬉しかったです。

藤澤

そんなことがあったんですか。私も入ってみるとみんな優しかったので、ホッとしました(笑)。

須田

政府系の金融機関はお堅い感じかなと想像していたけれど、入ってみたら全然違いましたね。

榎本

温かい雰囲気ですよね。もちろん、仕事中はきちんとしていますが、堅苦しい感じではないですね。

須田

仕事面でも私が手一杯のときは、先輩やベテラン職員がフォローに来てくれるので心強いです。

榎本

チームワークがとてもいいですよね。忙しい日や休みの人が多い日は、声を掛け合いながら仕事をしています。

藤澤

上野支店も同じです。女性が多い職場なので、細やかな気配り、目配り、心配りができる人が多いです。私が1年目の時は、指導員の先輩がお客さま役になって、応対の仕方のロールプレイングをしてくれるなど、とても親身になって教えてもらいました。時には厳しく叱られたこともありましたが、反対に小さなことでも褒めてくれるような、愛情をもって育ててくれる先輩がいたのが嬉しかったです。

須田

私にも目標にする先輩がいます。知識が豊富でお客さま対応も素晴らしいので、その先輩をご指名で来店するお客さまも多いです。今でもその先輩との勉強会を毎日20分ほどしてもらっています。

榎本

私が入った時の指導員は年齢が一回り上でしたが、年齢差を感じないくらい親身になって教えてくれたのが、とてもありがたかったです。それがベースにあるので、教える立場になった今は、自分でも同じように指導したいと思っています。

須田

何かあったときにも、すぐ先輩たちに相談できる環境ですよね。

藤澤

私も新人の時には先輩と食事をしながら相談に乗ってもらうことがありました。頑張って、と温かく接してもらったことを覚えています。先輩や上司にも気兼ねなく相談できますよね。

榎本

私は今でも先輩にいろんな相談をしますよ。仕事の話から子育て、夕食の献立まで、何でも話せる雰囲気。和気あいあいとしています。

短時間勤務制度で子育てする職員たちを応援

藤澤

榎本さんは、いまお子さんは何人いらっしゃるんですか?

榎本

5歳と1歳の男の子が2人です。上の子がけっこうやんちゃになってきました。

須田

大変そうですね(笑)。榎本さんは短時間勤務制度(*1)は使われているんですか?

榎本

実は1人目が生まれたときは、短時間勤務は使わなかったんです。育児休業(*1)で2年間きっちり休んだので、あまり必要ありませんでした。でも2人目が生まれてからは活用して、今は9時~16時の勤務です。

藤澤

短時間勤務制度は使いやすそうですよね。上野支店でも子どもがいて短時間勤務を使っている人がいます。4時に退社するとどんなところが違いますか?

榎本

明るいうちに子どもを保育園に迎えに行けるし、帰ってから家事を早く終わらせて、子どもを寝かしつけられるので、生活のリズムが作りやすいですよ。

須田

短時間勤務の人が時間がかかりそうな仕事をしている時には、代わってあげることもあります。

藤澤

そうですよね。保育園のお迎えに遅れると大変なので、「もう時間だから迎えに行ったほうがいいよ」と、周りが心配したりしていますよね。

榎本

周りの理解があるのがとても助かりますね。私は入庫4年目で結婚したんですが、子どもは2人以上ほしいと思っていました。2年間しっかり休んだので、2人目はちょっと時間を置こうと思い、支店に対してもその意思表示をしていました。周囲の協力があるので、今の自分があります。

須田

私は入庫5年目で結婚したんですけど、私も子どもができても仕事は続けたいと思っていて、先輩たちも協力してくれるというので心強いです。

藤澤

私はまだ入庫3年目で、結婚はちょっとイメージできていませんが、そのときがきても安心して決断できそうです(笑)。

自分らしい生活にしたいから、オフだって思い切り充実させたい。

やりがいのある仕事だけではなく、オフもしっかり楽しめる制度がある。
そんなバランスがとれた環境だから、ずっと長く勤め続けられる。3人の話はまだまだ続きます。

最大9連休で海外旅行も楽しんでいます

藤澤

オフの時間がしっかりとれるのも、入庫してよかったことの一つです。

須田

私は毎回必ずライブを見に行くアーティストがいて、その日は必ず5時で上がるように、周囲に根回しをしています(笑)。押上支店は同期が3人いるので、ご飯に行くこともよくありますね。誕生会などもやっています。

藤澤

上野支店には総合職の同期の女性がいるのですが、関西出身で一人暮らしをしているので、仕事帰りやお休みの日に、よく一緒にご飯に行ったりします。榎本さんは休日はどうやって過ごしているんですか?

榎本

最近は子どもたちと遊びに出かけることがほとんどです。独身時代には、有給休暇と土日をくっつけて、国内旅行に出かけたりしていました。

須田

福利厚生制度(*2)を使うと、ホテルや旅館の宿泊費が安くなりますよね。私は同期6人で温泉旅行をしたことがあります。

藤澤

福利厚生のサービス内容が豊富ですよね。ホテルのケーキバイキングがあるので、同じ課のスイーツ好きのメンバーと一緒に行くこともあります。私は千葉にある大型テーマパークが好きで年2回は行きますが、料金の補助があるのでよく利用しますよ。

須田

そんなふうに楽しめるのも、有給休暇などがしっかり取れるからこそですよね。私は年1回のアニバーサリー休暇を毎年誕生日に取得しています。

榎本

毎年必ず、平日に5連休を取らなくてはいけない決まりもありますね(笑)

藤澤

私はそれを利用して、アメリカの大規模テーマパークに行ってきました。海外旅行は初めてだったんですが、パスポートを取るのにもちゃんと有給が取得できました。

須田

私は結婚休暇を5日間とって、計9日間でグアムへ新婚旅行に行ってきました。とても海がきれいで、持参したウェディングドレスを着て、ビーチで写真を撮ったのが印象に残っています。

榎本

素敵ですね。私も1月や2月に休みを取って、母と一緒に6泊8日でヨーロッパに行ったことがあります。シーズンオフだからリーズナブルに行けるんです。バチカンのサン・ピエトロ大聖堂が素晴らしかったので、もう一度行ってみたいです。

長く働きたいという人には、ぴったりの環境

藤澤

商工中金に入ってよかったのは、ギスギスした雰囲気もなく穏やかな人が多いこと。だから、安心して仕事ができますね。

須田

やはり周囲の人に恵まれていますね。仕事はもちろんですが、旅行に行く仲間やご飯に一緒に行く後輩とか。同期たちとも連絡を取り合っていて、結婚式にも来てくれました。

榎本

周囲の人の存在は大きいですよね。自分が結婚して子どもを2人産んでから働くのは、とても難しいことだと思っていました。ところが、その夢を実現できているのはこの環境のおかげだと、周りの人に感謝しています。子どもが生まれても長く働きたいという人には、ぴったりの環境だと自信を持って言えますね。

須田

そうですね。自分に合った環境で仕事をするのは大切だと思います。私の就職活動のころはリーマンショック直後で求人が減っていて、自分が入れる会社があるのかとても心配でした。商工中金に入庫が決まっても、自分はやっていけるのか最初は不安でしたが、いまは自分に合っている環境だということを確信しています。

藤澤

私は最初、サービス業界を志望していたんですが、自分には合わないと感じて、途中から金融業界に切り替えて就職活動を進めました。そうしたら面接でも素の自分を出すことができるようになり、選考が進むようになりました。人事の方々はちゃんと見てくれているので、あまり構えなくてもいいように思いますね。

榎本

私も金融関連を受けるようになって、内定がもらえるようになりました。どの業種が向いているのかは、実際に受けてみないとわからないので、焦らずいろいろ訪問してみるのが大切だと思います。

須田

もし、その中で商工中金を気に入っていただけたら、うれしいですね。

藤澤

そうですね。皆さんと出会えることを、楽しみにしています。

*1 育児休業、短時間勤務制度

商工中金では出産・育児をする職員のために育児休業制度を設けており、子どもが2歳の誕生日を迎えるまで取得が可能です。子どもが生まれた職員は、職場復帰から子どもが小学校3年生になるまでの間、子育てのために短時間勤務をすることも可能です。
制度についての詳細はコチラをご覧下さい。

*2 福利厚生制度

商工中金では社員を対象にした福利厚生サービス(リロクラブ)を提供しています。出産育児、介護、メンタルケア、スキルアップなど20,000メニューをラインナップ。国内や海外宿泊施設、エンターテイメント、一流ホテルでの外食など社員の余暇・生活支援メニューは、ご家族の方もご利用いただけます。