人を思う。未来を思う。商工中金 新卒採用サイト2018

Project Story 03

急成長する新興企業の成長のシナリオを協力にバックアップ

高橋 陽一郎 2000年入庫/押上支店 営業第一課 課長

急成長する新興企業からの融資依頼

高橋が新宿支店で法人融資業務を行っていたとき、当時担当していた新宿区、中野、杉並などのエリアは、飲食チェーンや不動産をはじめとするサービス業が多い地域であった。日々新たなビジネスが次々に誕生する都心エリア。ここには大きな将来性をもつ会社も少なくない。将来伸びそうな企業を発見して成長をサポートすることは、高橋のみならず商工中金の職員にとって大きなやりがいの一つでもある。そんなある日、お客さまからご紹介をいただいた会社も、そうした成長企業の一つだった。
C社はウェディングドレスをはじめとするブライダルグッズの販売およびレンタルを手がける新興企業だった。自社で製作したウェディングドレスを、全国各地のホテル・結婚式場を利用するカップルに提供する。そのビジネスが見事に当たり、ビジネスは瞬く間に急拡大してきたという。今後のさらなる事業拡大に必要な資金調達について、商工中金に相談したいという内容だった。
「さっそくC社を訪問し、財務担当責任者から会社の概要をヒアリングして、決算内容の確認を行いました。財務内容は素晴らしく、成長企業の勢いを感じました。収益性の高さもさることながら、取引先もトップクラスのホテルや結婚式場等の優良先。銀行から進んで融資をしたくなるような折り紙つきの優良企業だったのです。大口の融資依頼に対し、さっそく支店に戻って検討を開始しました」

多額の調達申出。資産背景は無く、鍵はビジネスモデルの徹底把握

大口の新規先融資。また、若い会社にはありがちなことだが、C社は保有資産がほとんどなく、担保取得を背景とした融資スキームは難しかった。
高橋は上司と検討した後、商工中金の審査の中枢である審査部と対応について協議し、無担保でも自信を持って支援ができるよう、ビジネスモデルを徹底的に把握することになった。同業他社と比較してビジネスモデルは何が違うのか。優れた財務内容をもたらしている理由とは何か?また、新しいビジネスだけに現在は経営状態が良好でも、今後どのようなリスクが顕在化してくるかは予断を許さない。そうした点の把握はできているのか。
「事業内容について再調査を行わなければなりませんでした。そして、融資の実現にはビジネスモデルや今後の事業計画について、C社長から直接ヒアリングを実施することが不可欠でした」

事業の差別化ポイントを徹底的にヒアリング

さっそく上司たちと協議を行い、どのような対応をするかが検討された。審査部からはC社の実態を把握するために押さえるべきポイントの指導を受けた。その上で高橋はC社長とのアポをとった。元経営コンサルタントだったというC社長からは、高橋の質問に対してポイントを押さえた的確な答えが返ってきた。
「レンタルのウェディングドレスの場合、デザイン自体が比較的無難である場合が多く、しかも多くのレンタル会社では同じものをできるだけ何回も使い回すのだそうです。これに対してC社のドレスはヨーロッパの最先端デザイナーが手がけていて、他社とは一線を画しています。その一方で製作コストを下げるための工夫が随所にこらされています。その斬新で各結婚式場のイメージに合わせたデザインのドレスを次々と投入していく点が、他社との大きな差別化ポイントであり、大都市圏と地方中核都市においてシェアを拡大する原動力になっている。それをC社長は実に明快に説明してくれました」