お客さまと共に
明日を見る仕事

清水 優花Yuuka Shimizu

総合職 営業窓口

2017年入社 /
札幌支店 営業第一課

営業窓口になったばかりでも相談を持ちかけられるやりがい

入社の動機は挑戦する人をサポートできる仕事をしたかったこと。中小企業の経営が苦しい時に、存在意義を発揮できる商工中金だからこそお客さまをしっかりサポートできるのではないかと考えました。札幌支店への配属は予想外でしたが、先輩たちからしっかりとサポートしてもらえる環境があり、若いメンバーも多いので、楽しく仕事ができています。現在、法人融資を行う営業窓口として日々お客さまと向き合っています。営業窓口にはマニュアルに基づく対応だけでなく、お客さまのニーズに合わせ、自分なりに創意工夫を加えたソリューション提供が求められます。現在はどこの金融機関も同じような商品を取り扱っているので、情報提供、訪問頻度、事業性評価などを通じて商工中金と取引して良かったと思っていただけるように日々心掛けています。案件の入口から出口までを自分自身で一貫して手がけるのはとても大変ですが、商工中金にはお客さまの思いそのものをすぐに上司と共有できる環境があるので、スピード感のある対応が可能です。歴代の担当者である先輩たちの実績のおかげで、営業窓口として就任したばかりの経験の浅い私にもお客さまがご要望やご相談を持ち掛けてくださいます。商工中金という看板はすごいのだなと改めて感じると共に、やがては清水さんだから相談したいと言われる存在になりたいです。責任は大きいですが、何よりもお客さまから期待されているということが一番の仕事へのモチベーションアップにつながっています。

常にお客さまの成長を考え、「一歩先」を提案する

仕事を通じて最も印象に残っているエピソードは、M&Aを検討しているお客さまを訪問した時のことです。商工中金がメインバンクではないお客さまでしたが、M&Aに関する投資負担が軽くなる補助金の情報を持参したところ、「商工中金は、融資のセールスだけじゃなく、当社のニーズに沿った情報を持って来てくれるのが、本当に有難い」という言葉をいただきました。情報提供は必ずしも新たな融資に結びつくとは限りませんが、このような地道な活動をすることが、お客さまの信頼を得ることにつながると実感した瞬間でした。これ以来、補助金の情報提供を、より心掛けるようになりました。入社する前は、商工中金は中小企業から助けを求められて、初めて機能を発揮するのではないかというイメージを抱いていました。ところが、実際の現場では融資だけではなく、外国為替やビジネスマッチングなど、お客さまのメリットになりそうな提案を、自分たちから積極的に行っています。先輩たちの姿を見ていると、「常にお取引先の成長のために一歩先の行動を…」の姿勢を持っているのを感じます。私もお客さまのニーズに合わせて、自分なりに創意工夫を加えたソリューションの提供を目指しています。

お客さまの事業の天気を一緒に予測するために

あるお客さまから「金融機関は雨のときには傘を取り上げ、晴れの日に傘を貸す」とお金を傘に例えられたことがありました。中小企業の経営者の方は「貸し剥がし」や「貸し渋り」を金融機関から迫られた経験が少なくありません。そんな時、うまく言葉を見つけることが出来ない自分に落ち込んだことがありました。けれど、別のお客さまからはこんなことを言われました。「金融機関は天気予報を見ない人には傘を貸さない。貸出する傘は無尽蔵ではない。事前に天気予報で自己防衛する人は計画性があるが、朝起きてから天気を確認する人は計画性がなく、仮にお金を貸しても計画性がないのでお金は返ってこない。金融機関の融資業務は慈善事業ではない。だから銀行員はお客さま顧客と一緒にお客さま天気を予知しなければならない」と。
お客さまがおっしゃるとおり、それぞれの業種や業界についての特徴を理解、把握しなければ融資相談は成立しません。それ以来、お客さまの期待に応えるために、その業界の歴史、トレンド、異業種との繋がりなどを理解しながら、専門知識を養い、お客さまとの会話の幅を広げる努力をしています。また、情報感度を高めるために、経済新聞を読むだけではなく、インターネットでキーワード設定をして必要な情報を集めたり、あるいは地元のテレビの情報番組などを見て、新しい製品やイベントなどの情報と、それを手がける企業やお客さまとの関係を結びつけて考えたりしています。お客さまの言葉を噛み締めながら、自分が納得するまで仕事を突き詰めていくことに、今とてもやりがいを感じています。

Profile

氏 名
清水 優花
部 署
札幌支店 営業第一課
入社年
2017年
出身学部
経営学部

これまでのキャリア

2017 / 04
窓口サービス課にて預金業務を担当。預金・為替にかかる事務作業(手形取立、振込事務、各種書類処理)や、リテールの顧客への電話対応などを経験。
2017 / 07
営業企画課にて契約業務を担当。営業窓口の方に依頼された契約書の作成や、契約書のチェックなどを中心に行う。
2017 / 10
営業第二課にて営業窓口事務業務を担当。営業窓口のサポートを行いながら融資審査の基礎を学ぶ。また、来春の営業窓口業務に向けての準備期間として、上司や先輩との同行訪問を行い、営業窓口の仕事の流れを理解する。
2018 / 04
営業第一課にて営業窓口に就任。初めて自分の担当先を持ち、お客さまのニーズを聞きながら最適な融資・各種ソリューションを提案。

休日の過ごし方

北海道という土地柄か、連休には全国の総合職の同期が旅行に来てくれることが多いので休日は充実しています。札幌支店にいる間に、仕事もプライベート全てにおいて「北海道ならでは」を満喫したいと思います。

※職員の所属部署・掲載内容は取材当時のものです。

職員インタビュー 一覧