メンバーたちがお客さまと
しっかり向き合えるように
サポートする

古屋 駿介Shunsuke Furuya

総合職 営業窓口

2007年入社 /
名古屋支店 営業第一部 営業第四課 課長

融資以外のさまざまな提案が経験できる

「お客さまの成長こそが商工中金の成長につながる」という考えのもとで、国内唯一の中小企業専門の金融機関として、設立以来一貫してお客さまの経営を支え続ける。その志に共感して入社しました。そんな私の仕事の原点は、浜松支店でキャリアをスタートした時にさかのぼります。リーマンショックで業績が落ちて、資金繰りが不安な中小企業への融資を行って経営を支援し、大いに感謝されたのです。その時に、商工中金の存在意義を強く感じました。その後、異動になった渋谷支店ではさまざまな融資スキームを学んで、多くのことに挑戦することができました。取引先がまだ気づいていない課題やニーズに対して、課題解決のためのソリューションを提案できたときにはお客さまに大いに喜んでいただきました。また商品を担保とした独自の融資などの、さまざまな提案ができるようになりました。名古屋支店の営業エリアには海外に現地法人を有する企業が数多く存在しており、海外展開支援も含めて企業の成長と発展を支えるための提案活動を行っています。こうしたさまざまな提案を一人の営業窓口がすべて経験できるのも、商工中金の魅力。提案力を強化するための研修があり、そこで学んだ内容を、実際に自分のお客さまに応用しながら、自分自身を成長させることができたと思っています。

真にお客さまのためになるのかが判断基準

現在は営業課長として、課のマネジメントを行う立場になりました。営業窓口は「商工中金の顔」です。その営業窓口にとって最も重要なのは、お客さまをよく知ることであり、お客さまのことを最も理解しているのは営業窓口であるべきです。そうした考えのもとで、メンバーたちがお客さまと向き合い、お客さまのことを考える時間を最優先に活動にできるように、課のマネジメントや社内外の調整を行っています。課長になって大きく変化したのは、仕事を見る目線です。営業窓口の頃はどうしても目の前の業務にとらわれがちでしたが、立場が変わってからは仕事の見方がより中長期的な目線に変わってきました。具体的には、課のメンバーたちがお客さまのニーズを確認した際や、商工中金の提案の内容を検討する際には、その解決策や提案が「真にお客さまのためになるのか」「どのようなプランであれば喜んでいただけるか」という視点を重視しアドバイスをするようになりました。また、中長期的な取引関係の構築やお客さまの将来的な企業価値向上を目指し、「商工中金としてなすべきこと・できることは何か」ということを、日々、メンバーたちと議論をしています。

成功体験を通じてメンバーに成長してほしい

課長に就任し、メンバーとともに初めてあるお客さまを訪問した際に、「商工中金には昔から大変お世話になっており、担当者の方も代々頼りになる方で大変助かっている」という言葉をいただいた際には、大変うれしく感じました。そしてお客さまとの信頼関係が脈々と引き継がれていることを知り、私もその歴史を大切に引き継いでいきたいと感じました。商工中金の営業窓口の醍醐味は、提案を通じてお客さまの成長や飛躍の場面に立ち会えること。そうした素晴らしい経験を、課のメンバーたちにも味わってほしいと思っています。そして、彼らが成功体験を通じて成長することが、課長にとってのやりがいです。学んだ知識を活かして、お客さまからご相談を受けることができたとき。また、事業承継やM&Aなどの新たなスキームの提案を行ってお客さまに喜んでいただき成約に漕ぎ着けたとき。それは、まさにメンバーがお客さまから信頼されて成長できた証です。課長としても共に喜びを分ち合い達成感が得られます。今後もメンバーとともに、手間を惜しまずお客さまのためになるソリューション提供を図り、課題解決やお客さまとの信頼関係構築に尽くしたい。それこそが、メンバーたちの成長につながっていくはずです。

Profile

氏 名
古屋 駿介
部 署
名古屋支店 営業第一部 営業第四課
入社年
2007年
出身学部
法律学部

これまでのキャリア

2007 / 04
浜松支店に配属。1年目は、預金・為替業務、融資契約業務、営業窓口サポート業務などをジョブローテーションにて経験。
2008 / 04
2年目より営業窓口に就任。自動車関連製造業や運送業を中心とした取引先を担当、リーマンショックの影響を受ける企業に数多くの融資にて支援を行った。
2011 / 08
渋谷支店に異動。製造業や輸入商社、IT関連、芸術関連、映像製作関連など、渋谷という土地柄、特色ある企業を多岐に渡り担当。
2016 / 08
名古屋支店に異動となり、営業第一部第二課で自動車関連製造業を中心に担当。
2018 / 09
営業第一部第四課の課長に就任。メンバー4人体制で、課の管理運営・マネジメント・社内外の調整役を担う。

休日の過ごし方

4歳と1歳の元気な子供が2人おり、休日は仕事をいったん忘れて家族との時間を大事にしています。公園に行って自然に触れたり、動物園や水族館などに行くことが多く、幼稚園の行事などにも積極的に参加しています。

※職員の所属部署・掲載内容は取材当時のものです。

職員インタビュー 一覧