道なき道を切り拓き、
新しいソリューションで
お客さまの問題を
解決したい

竹田 憲彦Norihiko Takeda

総合職 本部

2004年入社 /
ソリューション事業部 主任調査役

お客さまとの信頼関係を築けずショックを受ける

就職活動で商工中金を訪問してとても印象的だったのは、職員たちが仕事について熱く語る姿。そして、中小企業の社長と真剣にやりとりする営業窓口という仕事に魅力を感じ、自分に向いているのではないかと感じました。ところが入社して実際にお客さまを担当してみると、なかなか社長と会話が続かず悩む時期が続きました。そうした時期に大きなショックを受けた出来事がありました。担当していたお客さまが私の知らない間に新工場を完成させていたことです。良好な関係だと考えていたのは私の思い込みに過ぎず、まったく信頼が得られていなかったのだと思い知らされました。上辺だけ仲良くしてもお客さまと本物の信頼関係を築けなければまったく役に立つことはできないのです。他の銀行と比べて担当するお客さまの数が多いため、訪問できる回数は限られますが、いかに一回ごとの訪問の中身を濃くできるかが勝負です。そこで商談のスタイルを切り替えることを決意。自分の色を出して、思ったことは何でもズバッとストレートに聞いて話す。お客さまの言うことや考えは本当にそうなのか、自分から聞いて情報をつかむというやり方に変えてからお客さまとの関係を大きく好転させることができました。

熱意あるメンバーがアイデアを出し合い問題解決を目指す

その後、異動になったのがソリューション事業部です。ソリューション事業部はより専門的な知識やスキームを活用しながら支店のサポートを行い、お客さまの経営課題解決を目指す部署です。私は当初、シンジケートローンや債権流動化といった商品を担当していました。ソリューション事業部では各支店の営業窓口と連携しながらお客さまに提案を行いますが、場合によっては他の専門部署や外部の専門家の協力を得たり時には他の銀行と連携して提案を行うこともあります。さらに、必要であれば新しい仕組みや商品を考えて提案することも可能です。「自分はこの商品しか扱わない」というのではなく、自由な発想で自分のやりたいことにチャレンジできる風通しの良さがソリューション事業部の仕事の醍醐味だと思います。また、課題を突破するアイデアは一人だけではなかなか出にくいですが、チームを組んで検討会を行い知恵を出し合うことでさまざまなアイデアが生まれます。私も全国各地の中小企業のさまざまな課題を解決してきたため、自身の提案の引き出しも広がりました。多くの人々を巻き込んで知恵を出し合い、そのお客さまのためだけのオーダーメイドな解決策を模索して問題解決に結びつけられたときには、大きな達成感が得られます。

膨大なサポート事例を他のお客さまにも役立てる

現在、私が携わっているのが新しく設けられた「ソリューションクリエイター」という業務です。商工中金の内部には、これまでお客さまのさまざまな経営課題を解決してきた膨大なサポート事例が蓄積されています。その中には他のお客さまが抱える問題を解決するのに役立つものもあります。そうした事例を発掘して、他でも活用できないか、あるいは複数の解決策を組み合わせて新しいソリューションを生み出せないかを模索していく業務です。これまで「点」で解決していた事例を「面」に広げていくことが求められています。新たなサービスを創り出すという、いわば道なき道を切り拓いていく仕事。決められたレールの上を走るのではなく、レール自体を自分たちで考えて作っていく必要があるだけに、とてもチャレンジングな取り組みだと感じています。まだスタートしたばかりで手探りの状態ではありますが、事業に賭けるお客さまの熱い思いに応えていくにはそれに負けない熱い心をもって仕事に打ち込んでいくしかありません。以前、ある社長から「その瞬間を全力で生きる」という言葉をいただきました。景気や経済の波に左右されやすい中小企業の経営には「安定」というものはなく、常にチャレンジの繰り返しであると。その言葉を胸に仕事に取り組んでいきたいと思っています。

Profile

氏 名
竹田 憲彦
部 署
ソリューション事業部
入社年
2004年
出身学部
商学部

これまでのキャリア

2004 / 04
札幌支店に配属となり、1年目はOJTで預金、契約、営業窓口事務を経験。2年目から営業窓口として小樽エリアを担当。
2010 / 04
さいたま支店に異動となり、埼玉西部地区を中心に対応。その後、エリアや取引先が拡大。製造業を中心に多岐にわたる業種を担当。
2014 / 04
ソリューション事業部に異動。アレンジャーチームに所属してシンジケートローンなどを担当。2018年9月からクリエイターチームに異動。

休日の過ごし方

休日は3人の子どもたちと遊んだり、キャンプなどでアウトドアを楽しんでいます。サウナが大好きで、家を新築した時にサウナを設置して週に3回のペースで汗を流し、リフレッシュしています。

※職員の所属部署・掲載内容は取材当時のものです。

職員インタビュー 一覧