周囲の支えや
応援があるから
全力で仕事に取り組んで
ステップアップし続ける
ことができる

浦田 まど香Madoka Urata

総合職 営業窓口

2011年入社 /
横浜支店 営業第四課

一人前への成長を全員で支えてくれる環境

就職活動中は「この人たちと働きたい」と思えるかどうかを基準に企業を選んでいました。その点、商工中金には情熱をもって仕事を語る人がたくさんいたのが入社の決め手となりました。総合職は入社2年目から営業窓口としてお客さまを担当します。しっかりと独り立ちできるように、支店の全員が熱心に教えてくれる環境があります。最初はお客さまと雑談するばかりで、肝心のヒアリングや提案ができなかった私に対して、上司や先輩が「お客さまの話の意図を考えてみては」「こういう聞き方をすればどうか」とさまざまなアドバイスを与えてくれました。それに従ってお客さまとのやりとりを続けながら試行錯誤するうちに、少しずつですが成長を実感できるようになりました。一方、商工中金ではマンツーマンで新人を育成するブラシス制度があり、後輩を育てるのも大切な役割です。私は5年目の時にある新人を担当。仕事の入り口から一つひとつ後輩に教える中で、自分ではわかっているつもりでも完全に理解できていないことが多いと痛感しました。そして、指導を通じて自分自身の理解も深まりました。それだけ商工中金には成長のチャンスが数多くあるのです。

お客さまとの信頼関係の構築が自信につながる

自分が担当するお客さまについては全て自分が窓口となって対応するので、お客さまとの距離が近づくだけではなく、達成感が得られるチャンスも数多くあります。たとえば商工中金がメインバンクではないお客さまに足繁く通い、こまめに資金繰りのヒアリングや提案を続けたことがありました。すると、資金調達のために商工中金を選んでいただけることが増えてきたのです。社長から「担当を変えてもらわなければ困るなぁ、つい商工中金から借りてしまうよ」と笑顔で言っていただいたときは最高の褒め言葉と感じました。信頼関係を築けたことが自信にもつながりました。また、融資によって導入した設備が実際に稼働しているのを見たときにも達成感が感じられます。あるお客さまに対して大規模な自動倉庫を建設するための融資を行った際には、計画について何度も詳細に話し合いをもった末に融資を実現。完成した大型倉庫が実際に稼働しているのを目の当たりにしたときには自分の仕事が活きてお客さまの企業価値向上に携わることができたと実感。お客さまからも感謝の言葉をいただき、非常にやりがいを感じました。

「この人に聞け」という専門分野をもちたい

融資だけではなく、お客さまの困りごとに対するさまざまな提案を通じて普通の銀行とは違うサポートができるのもやりがいの一つです。「こんなことに困っているけれど、何かいい方法はないか」と頼りにされたときには自分自身も商工中金も必要とされていると感じます。担当するお客さまの数が増え仕事への責任も増してきた今、お客さまの役に立つ提案を行っていくためにはより幅広い視点を身に付けなければなりません。そのために今後もさらに自身の力を高めるのが目標です。融資だけではなくさまざまなサポートを経験するとともに、「この問題はこの人に聞けば分かる」という自分の専門分野を持ちたいと思っています。一方、商工中金の中においても、課を引っ張っていかなければならない時期に差しかかってきました。仕事だけではなく、周りの人々へのサポートや気配りができる先輩・上司になりたいと思っています。日々の仕事は忙しいですが休みはしっかりとることができます。オンとオフの区別がしっかりした社風のなかで、仕事と学び、プライベートのバランスを上手く取りながらイキイキと仕事を続けていきたいです。

Profile

氏 名
浦田 まど香
部 署
横浜支店 営業第四課
入社年
2011年
出身学部
経営学部

これまでのキャリア

2011 / 04
名古屋支店配属。ジョブローテーションとして4月~6月は預金業務、7月~9月は企画・契約業務を経験。10月から営業2部6課に配属となり、営業窓口事務を担当。
2012 / 04
営業二部六課にて営業窓口スタート。担当先を持って営業活動開始。2014年8月からは営業二部二課に異動となり、担当企業や担当エリアが総入れ替えに。
2016 / 08
横浜支店営業第四課に配属となり、神奈川県西部の小田原・箱根エリアの、水産物加工会社などを担当。

休日の過ごし方

年に一度5連休を取得できるので、平日5日間とその前後の土日をつなげて休むことで、最大9連休になります。私は旅行が好きなので、家族や友人と旅行に出かけています。ふだんの休日には同期や友人とカフェめぐりやおいしいものを食べに行くことが多いです。

※職員の所属部署・掲載内容は取材当時のものです。

職員インタビュー 一覧