お客さまを深く知って
さまざまな提案ができる
営業窓口を目指す

黒木 将Masaru Kurogi

総合職 営業窓口

2017年入社 /
佐賀支店 営業第三課

お客さまの励ましを受けながら日々成長中

学生時代、起業家や中小企業の経営者の話を聞く機会が多く日本経済を支えているのは中小企業だということを知りました。しかし中小企業の多くは経営や資金繰りなどが厳しい会社が多く、そんな中小企業を支えたいと考えたのが入社の動機です。現在私が携わっている営業窓口の業務は、お客さまのところを訪問して企業の経営課題解決のためのヒアリングを行ったり、資金調達のご相談を受けたりする仕事です。また、財務分析や事業分析を通して担当先の企業審査を行い、お客さまへの理解を深めています。数々の修羅場をくぐりぬけてきた百戦錬磨の経営者の方々と、直接交渉することができる経験は自分自身を大きく成長させることができ、他の企業に勤める同年代の友人達よりもより多くの仕事を任せてもらえているという実感があります。お客さまには、「先輩に負けないように、早く一人前になれ」と激励してくださる方も多く、豊富な知識と高いスキルをもつ先輩に早く追いつきたいという思いで日々業務に励んでいます。やりがいを感じる瞬間は、お客さまとのリレーションを深めた時にその企業の課題が見えてきて、課題解決のための融資提案ができた時です。お客さま自身もまだ気がついていないニーズを見つけることは容易ではなく、また見つけたとしても、お客さま自身は他行との取引もあるため商工中金を選んでくれるとは限りません。そのような中、日々お客さまのことをよく知ろうと努力した結果、複数の銀行から提案があった場合でも、最終的に自分の提案を選んでいただけたときは担当としての誇りを大いに感じます。

「黒木さんが担当で良かった」が最大の喜び

営業窓口としてお客さまを訪問し始めたころ、印象に残っている出来事があります。それは、業績が伸び悩んでいるお客さまに対して事業性評価を活用し、内部の審査判断書類をまとめ融資実行に繋げることができ、大変感謝されたことです。事業性評価とはその会社の財務状況だけではなく、事業そのものの可能性や成長性を見極めて融資が可能かどうかを判断する手法です。最初に借入相談を受けた段階では収支状況が悪く今後の見通しが不透明でした。そのためお客さまの元へ足しげく通い、課題を共有いただきながら、事業の成長性や融資の返済計画を検証。また、先方の工場を見に行くなどして、お客さまの事業の現状把握にも努めました。調査したその企業の強みやリスクを資料に織り込み、本部と審査を重ねた結果、融資につなげることができたのです。お客さまからは「黒木さんが担当で良かった」という言葉をいただきました。自社に興味を持ってヒアリングを重ね、熱心に要望に応えようとした姿勢が大変うれしかったとのことでした。この案件を通じて、私自身のスキルアップにもつながったと感じています。

提案力を身に付け、頼りにされる営業窓口に

経営者の方々に頼りにされるには業務知識ばかりではなく、いかに信頼関係を築けるかが重要です。まだまだ先輩やお客さまから教わることは多いですがさまざまな提案ができる営業窓口になるのが目標です。これまで以上にお客さまに寄り添い、お客さまから選ばれる金融機関になるために、日々の自己研鑽や研修等で知識、経験をつけて行きたいと思います。そして将来は、本部の専門部署に異動し、営業窓口へのサポートを行いたいと考えています。中小企業のお客さまのために一生懸命働くことができる。それをどこよりも実現できるのは間違いなく商工中金だと確信しています。

Profile

氏 名
黒木 将
部 署
佐賀支店 営業第三課
入社年
2017年
出身学部
経済学部

これまでのキャリア

2017 / 04
窓口サービス課にて預金・為替に関する業務を担当。また小規模企業共済にてテラー対応を経験。お客さまを相手にお金のやり取りを行い、お客さまの大切なお金を扱うことの重みを実感。
2017 / 07
営業企画課にて契約事務を担当。営業窓口の先輩方のサポートとして、契約書の作成やチェックなどを経験。
2017 / 10
営業第三課にて営業窓口事務を担当。営業窓口の先輩方のサポートとして、資料作成、集金などを経験。
2018 / 04
営業窓口として担当先を持ち、融資・融資以外のサポートなどを担当。1人でお客さまのところを回り、ニーズの発掘等に努める。

休日の過ごし方

集合研修の合間の休日に、テーマパークに出かけた時のワンショット。普段の休日には、友だちと遊びに出かけたり、学生時代に結成したバンドで演奏活動をして、リフレッシュしています。

※職員の所属部署・掲載内容は取材当時のものです。

職員インタビュー 一覧